プロフィール

Hey Jude

Author:Hey Jude
障害告知から10年。サークルは7年。
次男は知的に重度の自閉症児です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
「スマホ・タブレット活用術」報告 おそくなりました〜(*_*;)


  タブレット活用術



平成24年4月22日(火)

講師:三宮華子さん

高1と小2の2人の自閉症男児の母。
発達障害児のためのファミリー空手「結(Yui)」代表。
スマートデバイスを利用した発達障害児者のコミュニケーション支援を研究中。
夫はキートンコムの三宮直也氏。

参加者:36人
事前に申込を〆切りました。
関心の高さがうかがえます。




三宮さん1


はじめに三宮さんは、「人生を返していく」という言葉を使いました。

三宮さんは私ほど子供から人生を奪ってないと思いますし、
え、自分はちがうよ、という親もいるでしょうが(^_^;)

我が子に障害があると知った親は、良かれと思って、がむしゃらに突き進むもの。
分かること。出来ること。が、子供にプラスになると思い込みます。

極端に言えば、「(自力での)底上げ」です。

それも必要です。
でも、それだけでいいのでしょうか。
ずっと、続けていけるのでしょうか。

障害の軽重にかかわらず、本人は、本人なりに、成長していきます。
分かること・出来ることが、少なくても・偏っていても、当たり前ですが、大人になります。
そして、大人になってからのほうが、これも当たり前ですが、人生、ずっと長いです。

その長い人生。
使えるものがあれば使って、本人が楽になればいいんじゃない?
好きなものがあれば使って、本人が楽しめればいいんじゃない?

それが「生活支援」です。(すみません、これまた極端に、我流で翻訳してます。)

三宮さんは「生活支援」を「踏み台」に例えています。(上のイラストを見てね。)
「その人に合った高さの『踏み台』を活用して、心地よい生活を実現していくこと。」


さて、理念の前フリはここまでにして、具体的な事例〜。

ブログ用
◇「視覚・聴覚」
◇「コミュニケーション補助」
◇「身辺自立、見守り」
と分けて、たくさんのアプリを紹介してくれました。

タイマーもいろいろ。
目にも耳にも刺激的なタイマーもあれば、
砂時計のように穏やかなアナログっぽいタイマーも。
たくさん並んだ電球の明かりが1つずつ消えていくものとか、
うちが使っていたものですが、隠し絵のようになっていて、だんだん絵が現れてくる、というものもあります。

時間になると音声で知らせてくれるアプリ。
三宮さんの息子さんは、登校に使っていて、これが鳴ると「ペースあげなきゃバスに間に合わない」と気づくそうです。

シンボルをカスタマイズできるアプリでは、
「マクドナルドで買うとき」の手順を作っていて、これを店員さんに見せる。
(店員さんはおばちゃんのほうがスムーズにいくそうです)


撮った画像をその場で編集できるアプリ。
公衆トイレの前の床にマルを描き、ここで待つよう、伝えます。
バスの路線図を写メしておいて、停留所が過ぎるたび、その停留所に線を引きます。
(このアプリに関しては、さっそく「信号に使いました」という親御さんがいました)

LINEは、かなり使える。
文字だけでなく、スタンプや音声、写真や動画。通話、ビデオなど。
その子にあった方法で、家族やヘルパーさんとやりとりできる。
自分1人のグループを作って、グループ名をたとえば担任名にし、
それを先生に見せるというコミュニケーションツールとして使うこともできる。

そして、へー、と感心したのは
自分の場所を相手に伝えるアプリ。
出先から帰るときに「押す」という使い方が一般的だと思いますが、
自宅で地震があったとき、押す、という習慣づけをしている、ということです。

あとさらにすごいのは、浴室に防水パックしたスマホを固定し、
キッチンのタブレットとSkypeでつないで、洗い物をしながら様子を見ている。
(これはちょっとすごすぎー。わたしにとっては神業ー。)

ほかにもいろいろなアプリを紹介してもらったり、
デバイスを買うときのアドバイスをしてもらったししました。
( 買うときについての結論は、「三宮さんをアキバに連れてく。」)



10年ひとむかしです。
次男が幼児のころ、
線なぞりや線つなぎのプリント、山のようにやりました。
PECSには及ばなかったけれど、カードも作りました。
時計プリントは、何種類も、作りました。
指差す方向が分からないので、信号を写真に取って、赤・青・黄を、くり抜いて、3種類。

それが、スマホに初めから付いている機能や、アプリで、出来ます。
指でなぞるアプリや、シンボルのアプリ。
時計も、分針の位置が分からないときは、ヒントボタンで時計の色が変わります。
写真は、編集機能で、見せたい部分に矢印を引いたり、強調機能で浮き立たせたりできます。

いま幼児さん育ててる方、いいなあ・・・。

付録:三宮さんに教えてもらった「Teach me 」というアプリで作ったマニュアルです♡

teach me  





スポンサーサイト

2014/05/27(火) 14:13 | コメント:0 | トラックバック:0 |
今年もやります、上映会&講演会 
     7月5日(土)@武蔵野スイングホール!



◆『海洋天堂』: http://www.crest-inter.co.jp/kaiyoutendo/

『海洋天堂』sub1

ジェット・リー演じる父親が、自分が余命いくばくもないことを知り、自閉症の一人息子のために悩み、奔走します。
すでに観られた親御さんも多いのではないでしょうか?
私も劇場で観ました。
今回、自主上映をするにあたり、宣伝素材の画像データを開けた瞬間。
パッと内容がよみがえってきて、ウッと涙腺がゆるんで。
カフェの一角で、PC相手に、あやしい人に(*_*;)


◆新保浩氏: 一般社団法人「そよ風の手紙」代表理事 http://soyokazenotegami.com/

新保さんよりプロ写真

重度の知的障害のある自閉症の一人息子のパパさんです。
長く子育てブログを書かれていて、本になった「そよ風の手紙」は、テレビや新聞などでも紹介されました。
読んだ方もいらっしゃるのではないでしょうか?
シングルファーザーで、平日は息子さんを施設に預け、週末の時間をしっかり大切に過ごしてきました。
高校卒業を機に、息子さんを自宅に引き取り、自身のサラリーマン生活にも終止符。
社団法人を立ち上げ、啓発活動や、児童デイサービスなども始められています。

「父が息子から教わったこと」。

いま、お子さんに向き合っている、お父様らに。
是非、聞いていただきたい講演です。
(もちろん、どなたでも!)



◆詳細
◇日にち:平成26年7月5日(土)
◇場所:武蔵野スイングホール11F レインボーサロンA
◇時間:
<第一部>上映会・昼『海洋天堂』13:30受付開始、13:50〜15:50
<第二部>講演会 新保浩氏「父が息子から教わったこと」15:50受付開始、16:00〜18:00
<第三部>上映会・夜『海洋天堂』18:00受付開始 18:20〜20:20

◇参加費 300円 (上映会と講演会、片方でも両方でも300円です)

◇定員40人

◇事前申込を優先します。
①メール: st2014kikaku@gmail.com
②このブログのメールフォームから(左にあります)
③電話 : 090−5805−9783
④ファクス: 0422−53−2759


お使いの端末の環境によってはこちらからのメールが届かない場合があります。
3日以内に「受付完了メール」が来ない場合は、お手数ですが、再度、ご連絡ください。


チラシ(←ここクリックでPDFデータもダウンロードできます)
tirashi20140412bus.png  

海洋天堂のチラシのフレーズ。
     〜 平凡にして偉大なるすべての父と母へ 〜


報われますね!!


主催者からのコメント。
   〜 いま流行りの「涙活」としてもおすすめですっ(^O^) 〜







2014/05/20(火) 18:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |
平成26年4月27日(日) ひさしぶりの東京タワー!

個人的には去年と今年、4月2日(世界自閉症啓発デー)に行きましたが、サークルでは2年ぶりです。

季節感あふれる朝の会。

朝の会 

朝の会を見る子ら


今回も、中央線、総武線、都営大江戸線と乗り継いで、赤羽橋駅で下車。

またまた個人的には(年代的には?)東京タワーのほうが身近に感じます。
あたたかみのある色。
東京タワー全景  


休憩室を利用させていただきました。
クールダウンが必要になる子どもも居るので、ありがたいです。

ほとんどの子がマクドナルド。

moz1.png
moz2.png
moz4.png
moz3.png
moz5.png



そして展望室へ。
できるだけ階段で上るよう誘導します。

外階段は、東京タワー色で、なかなか風情があるのです。
子らは日頃の体力を考えれば大したことないはず~!


can1.png
can22.png
can33.png
can44.png




展望台ではお決まりのルックダウン・ウィンドウ!
can7.png
can6.png
can9.png
IMG_0088_201410171656344d3.jpg



外を見入るチョー可愛いお子さんとそれを取り巻く全ボラたち
(うらやましい・・・)

 
見入るもっくん 展望台記念写真


かっこつけMお全ボラ
かっこつけ増尾


展望台から降りたあとはフットタウンで思い思いに過ごしたり、休憩室で工作をしました。
サザエさんのキャラクター、すご!
工作こぐち
canvas13.png
canvas11.png
canvas12.png

こいのぼりパズル望む 工作もっくん



同じルートでもどり、帰りの会。今日の活動を振り返ったり、子パンフのクイズの答えあわせをします

帰りの会
帰りの会2 帰りの会2


去年、東京学芸大の学生さんが作ってくれた渾身の作品。
白地の鯉のぼりに、マジックテープのついたうろこを貼りにいきます。
布こいのぼり 布こいのぼり完成


今回の集合写真です♪
ご参加ありがとうございました。


集合写真








2014/05/10(土) 17:47 | コメント:0 | トラックバック:0 |
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。