FC2ブログ
プロフィール

Hey Jude

Author:Hey Jude
障害告知から10年。サークルは7年。
次男は知的に重度の自閉症児です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

次男が2才ごろ、通園施設に初めて電話したとき、

「歩けますか」と聞かれ、絶句しました。

歩けない、というのは、どういうこと?

うちの子、歩けない子のいるところに行くの?

(いま思うと非常に、非常に、失礼な話です)

言葉は出ない、目も合わない、指差しはしない、真似もしない。

心配は山もりでしたが、見た目はどこも「わるくない」。

(いま思うと非常に、非常に、傲慢な話です)


 
kasuyahashiru




通園施設での経験は、カルチャーショックそのものでした。

それまで周りに次男のような子どもは居ませんでした。

公園では追いかけておしまい。リトミックでも追いかけておしまい。

他のお母さんたちと話す時間はありませんでした。

(でも、時間があっても、次男のことは話せなかったでしょう。

「話しても話がつづかない」と分かっていました)


IMG_3961-1.jpg 
 
 



それが、通園施設にいくと、次男に似た子どもがたくさん居るのです!

小さな部屋で、先生が付いていてくれるので、多少は話せます。

そして、驚くことに、話がつづくのです。

うちもうちも。ああ、おなじおなじ。あれでしょ、そうなんだよね。

堰き止めていた感情が、あふれでるように、言葉も、あふれでてきました。

やっと言葉が通じた。

自分の居場所を得た気がしました。
スポンサーサイト




2016/11/28(月) 21:04 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


QRコード
QR