FC2ブログ
プロフィール

Hey Jude

Author:Hey Jude
障害告知から10年。サークルは7年。
次男は知的に重度の自閉症児です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

啓発 トラブルシューター出前講座 
          (平成27年2月7日)
報告    ★


20150207tirashi_1113-1.jpg



軽度の子は、大きくなるにつれ、一人で行動する時間や範囲が、
ぐっと増えます/広がります。

重度の子も、多少は、登下校や近所など、一人で行動する場面が
でてきます。


親はできるだけ気をつけるけれども、

トラブったとき、自分のことをちゃんと説明できなくて、
誤解されたり、よけいこじれたりしないか。

おうむ返しで、やってないのに「やった」と答えてしまったり、
その場から逃れたい一心で「やった」と答えてしまったりしないか。

キャッチセールスやデート商法にひっかかって気づかなかったり、
気づいても、隠したりしないか。

そんな心配を話していたとき、

知り合いの学生さんを通じて、
「東京トラブルシューターネットワーク」の存在と、
その活動の「出前講座」を知りました。

私たちは、たんなる親の団体です。
(といいつつ、NPO法人化しました。素人弱小です。)
コネもないし若さもないです。
活動も、助成金をいただける場合もありますが、
ほとんど、赤字覚悟でやっています。

いいのかな・・・、
かなり緊張しながら連絡をとらせていただき、
半年がかりで、場所取りからチラシづくり、後援依頼、
宣伝、内容のすりあわせ・・・と、進めてまいりました。

そして迎えた当日。


4名ならび  

 (左から)

    
桜丘法律事務所   弁護士 師子角允彬 様

 多摩の森綜合法律事務所 弁護士 中田雅久 様

 
 
法テラス鳥取法律事務所 弁護士 池田征弘 様

 
糸魚川きぼう法律事務所 弁護士 小出薫 様



 4人の先生方に来ていただきました。


 話していただいた内容は・・・。




まず、

先生たちが所属する「トラブルシューターネットワーク」
という団体が、どんな団体か、ご説明いただきました。

師子角先生

 
つぎに、

刑事手続きのながれ。(事例もまじえて。)


中田先生



知的に障害があると思われる割合や、障害と責任能力のことなどを
お話いただきました。


つづく!






 

スポンサーサイト




2015/02/14(土) 02:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


QRコード
QR